スワップ金利による利益

FX(外国為替証拠金取引)投資で利益をあげる為には、通貨を売買して為替レートの変動により差益を得る方法と、通貨ペアの金利差によって発生するスワップ金利で利益をあげる方法があります。

各国の通貨の金利は、主に中央銀行が決めています。
そこで、金利の異なる2種類の通貨を売買した際に、2通貨ペア間に生じる金利差調整分がスワップ金利です。

スワップ金利のイメージ

スワップ(swap)とは交換という意味があり、円やドルなど金利の低い通貨を売って、豪ドルや南アメリカランドなど金利の高い通貨を買った場合には、その金利差額分がスワップポイントを受けとることができます。

逆に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買う場合には、その金利差額分のスワップポイントを支払わなければならなくなります。

受取日について

スワップポイントは取引成立から一定の時間以上を経過すると発生し、スワップ金利を毎日受け取ることができます。

一定の時間以上経過するというのは、ニューヨーククローズ(午前7時)をまたぐことをいいます。
ですから、その時間帯をまたがない場合はスワップポイントが発生しません。

FXでは資金をレバレッジを効かせて大きな金額で投資が出来るので、スワップポイントの収益は少なくありませんが、高いレバレッジを効かせると為替変動による損失も大きくなりますので、注意が必要です。

TOPpage > FXの基礎知識 > 金利の受け取り